銀行カードローン審査は厳しいの?

5月 16, 2014 by  
Filed under 銀行カードローン

銀行カードローンと消費者金融では同じようなサービスを行っているのですが、比べた違いの中でもよく耳にするのは、銀行カードローンは審査が厳しいけれど利息が安い、消費者金融は審査がやさしいけれど利息が高いという点です。銀行系カードローンの審査が厳しいと言われる理由を考えてみましょう。


銀行カードローン審査は保証会社がいる

銀行では、カードローンやキャッシングサービス以外にも、住宅ローンなど大きな金額の融資を行っています。そのため、保証会社という会社では、銀行からお金を借りる人の保証人になるサービスを行うのです。住宅ローンなどでも、保証会社がありますよね?万が一、借りた人がキャッシングのお金を返せないときに返済を行うのが保証会社となるので、審査は銀行よりも厳しくなるそうです。


審査が厳しいといわれるのは保証会社かも?

このような理由から、銀行カードローンの審査が厳しいというのは銀行の審査基準が非常に厳しいというわけでもないのだと言われるそうです。住宅ローンなどでも、銀行は貸してくれるというが、保証会社がNGで利用できないなどの話はあると言われていますから、銀行カードローンでも同じように考えている人もいると言われているそうです。

余裕を持って銀行カードローンが使えるようにする

7月 14, 2014 by  
Filed under 銀行カードローン

本当に困ってしまった時って、即日審査をしてもらっても間に合わないこともありますよね?
最短で30~40分くらいで済ませてもらえるらしいですが、時間が無い時はその時間も長く感じてしまいます。
それなので、先に銀行カードローンの申し込みや審査を済ませてカードを発行しておくことをおすすめします。
今はまだ必要無くてもこの先何があるのか分からないので、念のために準備しておくのがいいかもしれませんね。


銀行カードローンは使い方次第で変わる?

何のために借入をするのか、それによって使い方が大きく変わってくるような気がします。
自分の欲しいものを購入するとか、子供の養育費として利用するとか、銀行カードローンの使い方は本当に様々なので性格が出ると思います。
ただし、無理の無い範囲内での借入を心がけるようにしなければ、後で自分が困ってしまうので気を付けて下さいね。
ギャンブルとか株、投資目的で利用するのは良くないと言われているから、それだけは避けるように。


生活保護者は利用出来ますか?

生活保護を受けている人は、金融機関を利用出来ないようになっていますので注意して下さい。
何故なら、生活していく為に支給してもらっている金額ですし、返済も難しいと判断されているからなんです。
しかし、どうしてもやむを得ない事情がある場合にだけ利用が許可されることがあるみたいですよ。

銀行カードローンの保証会社の仕組み

5月 30, 2014 by  
Filed under 銀行カードローン

消費者金融や銀行のカードローンで担保が不要なのは、保証会社が代わりに保証をしてくれているからです。カードローンと保証会社は切っても切れない関係にあり、また利用者にとっても保証会社は重要な存在です。


<保証会社は何をしているのか>

保証会社は銀行カードローンを利用したいという人がいたとき、その人の支払い能力や経済状況などを確認します。銀行は担保や保証人の代わりに、保証会社の審査が通ったらお金を貸します。利用者がお金を返せなくなってしまうと、債権は保証会社に移ってしまいます。利用者の代わりに銀行へは保証会社が借りていたお金を支払い、利用者には保証会社が代わりに請求するようになります。


<消費者金融と保証会社の関係>

銀行カードローンを利用しようとしたとき、保証会社が消費者金融の会社と同じ名前で驚いたことはないでしょうか。実は、消費者金融が大手銀行カードローンの保証会社になっていることは多くあるのです。グレーゾーン金利が違法となり、消費者金融は過払い請求に悩まされることになりました。そこで銀行の子会社になり存続したのです。銀行がカードローンを始めた時、ノウハウを利用する形で関係のある消費者金融が保証会社になりました。

銀行カードローンと消費者金融の違い

5月 16, 2014 by  
Filed under 銀行カードローン

銀行カードローンでは消費者金融とほとんど同じサービスを利用できると言われています。消費者金融との違いは、利息が安いだけ、というような認識をしている人も多いようですが、実は消費者金融と銀行カードローンでは、守っている法律が違うのです。


銀行法の基にある銀行カードローン

銀行カードローンが守っている法律は、銀行法という法律です。そのため、消費者金融で言われる年収に対する明確な借り入れの上限(総量規制)などは存在しないと言われています。もちろん、その分だけ審査が厳しくなることもあるそうですし、上限なく貸してくれるということはありませんが、返済することが可能と判断されれば、年収に関係なく借り入れが出来るというのは大きな違いです。


消費者金融は貸金業法

銀行カードローンでは、銀行によって、専業主婦の利用も可能です。この違いも、貸金業法を守る消費者金融と、銀行法と守る銀行系カードローンの違いといえるでしょう。貸金業法では、安定した収入のない人への融資を法律で禁止しているので、専業主婦が使うなら銀行系カードローンがいいと言われるのだそうです。また収入証明書の提出義務なども金額面などで銀行カードローンのほうが高いと言われるそうです。

銀行カードローンは審査に通ったら借金になる?

5月 16, 2014 by  
Filed under 銀行カードローン

銀行カードローンなどを利用する予定はなくても、いつか現金を直ぐに借りることがあるかもしれない、来月の収支に不安が多いけれど、借金はできるだけ避けたいのでギリギリまで利用したくないという人も多いそうです。銀行カードローンは審査に申し込んだときからお金を借りることになるのでしょうか?


銀行カードローンでは借りる枠を審査

キャッシングやカードローンでには借りることのできる上限が設けられており、審査ではこの上限まで融資を受けることが可能ですよ、という了解をもらうためにあります。そのため、審査に通過しても実際に借り入れを行わない限りは、返済を行う義務は生じませんし、そのまま借りないという選択肢があります。先に審査だけを済ませるということが可能なのです。


利用していないローンもほかの融資に影響する場合が

ただし、銀行内で他に大きな融資などを申し込む予定がある場合などは、このローンを実際に利用しているかどうかではなく、ローンの限度額分の借金があると認識されることもあるそうですから、カードローンの利用予定が一切ないのにも関わらず、闇雲に審査の申し込みを行うというのはあまりおすすめできません。信用情報では審査に通らなくても審査に申し込んだという事実も記載され残るのだそうです。

銀行カードローンの商品を知ろう

5月 16, 2014 by  
Filed under 銀行カードローン

銀行カードローンでは即日審査などと呼ばれるサービス以外にも人気のある商品があります。消費者金融なども含めて、少額ローンで人気があるのは、審査に時間をかけずに利用できるスピードを重視したローンなのですが、銀行カードローンではおまとめローンや目的別ローンを扱うところも増えています。


銀行カードローンの目的別ローン

目的ローンや目的別ローンなどと呼ばれているこのサービスは、決まった目的にお金を利用する場合に使うことのできる利息が少し安くなるカードローンサービスです。銀行によって使うことのできる目的別ローンは異なりますし、場合によっては商品の取り扱いのないケースもまだあるそうですが、ペットローンなど、現金出費がかさんでしまうことに利用できる専用ローンは徐々に扱う銀行カードローンが増加していると言われています。


利息がさらに安いから嬉しい

ほかにもブライダルローンなどを扱う銀行カードローンがあります。利息が通常のフリーローンより安いので、返済でストレスが少ないことなどもメリットとしてよくあがるそうです。目的はある程度、限定されるものですが、ブライダルであれば結婚式にまつわる費用全般、など、この許容範囲そのものは案外広いと言われることも多いのだそうです。

銀行カードローンを利用する条件は?

5月 16, 2014 by  
Filed under 銀行カードローン

銀行カードローンとは、10万円や数百万円など、大きなローンではなく、少額ローンと言われるキャッシングを行う銀行の貸金サービスです。限度額などは銀行でも違いますが、今まで消費者金融が行っていたイメージのある即日融資などのサービスを銀行も行っているのです。


銀行カードローンを使える人

銀行カードローンはアルバイト、パート、派遣など、非正規雇用で労働をしている人でも、一定の収入を月々得ていれば、貸してくれるものです。各ローンに設定されている最高限度額も消費者金融より高いケースもあり、利息も安いことが多いので、若い世代にも人気があると言われているそうです。銀行カードローンは多くの場合、二十歳以上の人で審査に通過できれば利用できるそうです。


専業主婦も利用できるものも

銀行カードローンの大きな魅力に、自分では安定して収入を得ていない専業主婦が利用できるということが含まれています。消費者金融では、自分で収入がない場合にお金を借りるのは非常に審査がややこしいので、消費者金融では借りることができないなどと表現されることもありますが、専業主婦でも借りられることをうたっている銀行カードローンの場合には、本人確認書類だけでも審査を受けることができるものもあるそうです。