銀行カードローンと消費者金融の違い

5月 16, 2014 by  
Filed under 銀行カードローン

銀行カードローンでは消費者金融とほとんど同じサービスを利用できると言われています。消費者金融との違いは、利息が安いだけ、というような認識をしている人も多いようですが、実は消費者金融と銀行カードローンでは、守っている法律が違うのです。


銀行法の基にある銀行カードローン

銀行カードローンが守っている法律は、銀行法という法律です。そのため、消費者金融で言われる年収に対する明確な借り入れの上限(総量規制)などは存在しないと言われています。もちろん、その分だけ審査が厳しくなることもあるそうですし、上限なく貸してくれるということはありませんが、返済することが可能と判断されれば、年収に関係なく借り入れが出来るというのは大きな違いです。


消費者金融は貸金業法

銀行カードローンでは、銀行によって、専業主婦の利用も可能です。この違いも、貸金業法を守る消費者金融と、銀行法と守る銀行系カードローンの違いといえるでしょう。貸金業法では、安定した収入のない人への融資を法律で禁止しているので、専業主婦が使うなら銀行系カードローンがいいと言われるのだそうです。また収入証明書の提出義務なども金額面などで銀行カードローンのほうが高いと言われるそうです。

Comments are closed.