銀行カードローンの保証会社の仕組み

5月 30, 2014 by  
Filed under 銀行カードローン

消費者金融や銀行のカードローンで担保が不要なのは、保証会社が代わりに保証をしてくれているからです。カードローンと保証会社は切っても切れない関係にあり、また利用者にとっても保証会社は重要な存在です。


<保証会社は何をしているのか>

保証会社は銀行カードローンを利用したいという人がいたとき、その人の支払い能力や経済状況などを確認します。銀行は担保や保証人の代わりに、保証会社の審査が通ったらお金を貸します。利用者がお金を返せなくなってしまうと、債権は保証会社に移ってしまいます。利用者の代わりに銀行へは保証会社が借りていたお金を支払い、利用者には保証会社が代わりに請求するようになります。


<消費者金融と保証会社の関係>

銀行カードローンを利用しようとしたとき、保証会社が消費者金融の会社と同じ名前で驚いたことはないでしょうか。実は、消費者金融が大手銀行カードローンの保証会社になっていることは多くあるのです。グレーゾーン金利が違法となり、消費者金融は過払い請求に悩まされることになりました。そこで銀行の子会社になり存続したのです。銀行がカードローンを始めた時、ノウハウを利用する形で関係のある消費者金融が保証会社になりました。

Comments are closed.